トリプルガラス スーパーLow-E2樹脂サッシ

夏の熱線遮断と冬の熱損失防止。
トリプルガラスが快適な住空間を実現!!!!

建築物の床面積の1/7もあると言われる開口部の断熱性の向上を図るため、
次世代窓として、3枚のガラスに2重にアルゴンガスを注入し、
更にスーパーLow-E2ガラスを搭載した樹脂窓が生まれました。

Low-Eとは…
「LOW EMISIVITY(低反射)」の略。
ガラスの表面に、金属等の非常に薄い特殊なコーティング処理をし、
熱の伝達をにしくくする働きをしています。
中でもLow-E2とは、2回のコーティングを施したガラスのこと。

・LOW-Eの目的
可視光線を生かして
赤外線、紫外線を防ぐ。

・LOW-Eの効果
短波長の太陽放射熱を室内に取り入れる。
長波長の暖房熱は室内側に反射して
外に逃がさない特殊な性能をもっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です