部材の一つひとつまで、 グッドデザインであること。

ホームパパホームズのデザイン思想は「シンプル・イズ・ベスト」。日本の伝統的な住まいづくりや、ドイツの造形学校「バウハウス」に代表されるモダンデザインの根底にも流れる思想である。

住まいの資産価値を高めるべく、ホームパパホームズでは年月を経ても飽きのこないデザインを追求しており、このデザイン性が業界内外から評価されている。そこで、社員全員がこのデザイン思想をより深く体得するべく、入社後に厳しい研修が行われる。それが「ホームエンジニア研修」である。

幅広く建築・不動産・ホームパパホームズの技術などを学ぶプログラムであり、その中で大きなウエイトを占めるのは「プランニング研修(家のデザイン・設計)」である。そこで一番初めに教わるのは、「シンプル・イズ・ベスト」というデザイン思想と、その具現化手法だ。

たとえば、水平・垂直のラインを見てみると、いずれもラインが揃い、均衡が貫かれている。開口部のレイアウトも同様である。ホームパパホームズのデザイン思想は、社員一人ひとりに脈々と受け継がれるとともに、住まいのディテールの一つひとつにまで貫かれているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です